2017/03/28

会長報告:今年次第36回 通算1314回例会

 先ずは、先週の25、26日と両日ライラセミナーにご参加くださいました、山本剛司青少年奉仕委員長、そして、星野雄一ライラ委員長、お二人の委員長様ご苦労様でした。それと、毎年ライラセミナーへ学生さんを派遣していただける永井会長エレクト、毎回有難うございます。以降もよろしくお願いします。実は今日のメインテーマ、卓話は本来「ライラセミナーへ参加して」と言う事なのですが、急遽会員卓話の職業紹介になってしまいました。若い人のお話しを楽しみにしてお見えになった方、期待を裏切ってしまいました。今日は、還暦過ぎの二人と、もうじき還暦の一人が卓話をします。途中で帰らないで下さい。
 次に、うれしいお知らせがあります。来週の例会日、4月4日の火曜日の午前中、岡崎警察署へ行って参ります。決して悪いことをして出頭する訳ではなく、表彰を受けに参ります。昨日、山本信一さんよりお電話があり、例年行っていました、「岡崎大門交通安全RCC」の奉仕活動において、交通安全に寄与されたと言う事で、会員皆さんの代表として、山本信一さんと共に表彰式に行って参ります。
 さて、来月の25日、後程幹事さんからご案内があるとおもいますが、会津若松城南ロータリークラブの皆さんが、11名当クラブへお見えになります。快くお迎えしたいと思いますのでなるべく出席して下さい。

2017/03/21

会長報告:今年次第35回 通算第1313回例会

 私は、魚釣りが好きです。とりわけ海刷りが好きで、ここしばらくは行っていませんが、大体は船に乗って、地理船に乗って、魚がいそうなところへ連れて行ってもらい、釣りを楽しみます。たまに行くサンデー釣り師としてはこれが一番。たまに海に行く者にとっては、海の状況が分らない為、魚がそう簡単に釣れることは有りません。たまに行って大釣りする人はたまにいますが、それはその人が持って生まれた運。その時の運がとっても良かったのだと思います。次に同じ気持ちで釣りに行くと打ちのめされます。船釣りでも、初めて船に乗っていきなり大物をつってしまう人がいますが、これはこれで「ビギナーズラック」と言います。初めから船釣りをしていた訳ではなく、思い起こせば小学校の頃、友人たちと自転車で蒲郡あたりへハゼ釣りに行ったのが始まりです。大人になって車が運転出来るようになってからは師崎、御前崎、浜名湖、伊良湖と各地を転々として釣りに行きました。それは陸上からです。そこで今問題になって入る、豊洲。大変な土壌汚染だと思います。ベンゼン等有機溶剤は原材料からの遺漏でしょうね。シアンは意外と検出される可能性はあるかと思います。基本の元素がCとNですから、何処のでも存在し何らかの加減で生成するのは良く有る事だと思います。
 申し上げたいのは、その様な地面が近くにある所では釣りができないなと言う事です。多分あの近くで堤防釣りをしていた人達も同じ思いだと思います。私も陸釣りをするときはなるべく人間の手が加わった地域ではやらないようにしようと思います。

2017/03/14

会長報告:今年次第34回 通算第1312回例会

 今日は会員卓話の、職業紹介のお時間です。偶然にも、今日の卓話をされる方は、皆さん、幹事経験者です。それもつい最近やられたばかりです。熱のこもった、お話をされるのではないかと期待しております。
 先週の木曜日、3月9日の平日の夕方より、名古屋宮の杜ロータリークラブのチャーターナイトに参加させていただきました。岡崎ロータリークラブをスポンサークラブとして、西三河中分区に属します。名古屋千種RCの会員、元ガバナー補佐である、大口弘和さんを創立会長として出発されます。初めてチヤーターナイトに出席しましたが、中々厳かな雰囲気でした。創立会員34名でのご出発でこれからのご活躍をお祈りしたいと思います。特色は、例会日が第一、第三木曜日の月二回と言う事です。これから、例会数月二回が増えてくるのかも知れませんね。

2017/03/07

会長報告:今年次第33回 通算第1311回例会

 創立から28年、随分時代は変わって来たのではないかと思います。私も初めから在籍しているわけではありませんが、メンバーの方も相当変わったと思います。チャーターメンバーの方も当初はエネルギーのかたまりのようなお年であったのが、今や円熟の境地ではないでしょうか。本日は、過去の良い思い出を振り返って頂き、楽しい時間を過ごしましょう。先週の土曜日、IMが豊田市で開催されました。その時のテーマも確か、「エンジョイロータリー」でした。初代会長の有馬さんの時にも、ロータリーのテーマが「エンジョイロータリー」であったと記憶しています。
 ロータリー活動を続けていくには、何か楽しみを見出さなくてはいけないと思います。
各個人、夫々考え方、楽しみ方、千差万別だと思いますが、是非、何か楽しみを見つけて頂いて、なるべく例会には出席するようにしてください。

 毎年、創立記念例会では、記念すべき年齢に達したときに、又、ご結婚されて、何とか長い事続いているご夫婦をお祝いしています。今日は、古希祝、喜寿祝、また、いつもと違って仲の良いご夫婦をお迎えして銀婚式をお祝いします。どうぞ、短い時間ですが楽しんでお祝いしましょう。