2017/06/27

会長報告:今年次第47回 通算1325回例会

ついにこの日がやってまいりました。今年次の最終例会です。この最終例会になりますと、今年度に起きた出来事を振り返るのですが、先週、振り返りましたので今日はしません。この例会が終わってから、個人的に一年間に経験させていただきました、貴重な出来事をこれから、少しづつ思い出しながらほくそ笑んでいこうと思います。
 本当に一年間お世話になりました。有難うございました。


親睦会
 最終例会はいわゆる打ち上げ、今年度のご苦労さん会であると思います。この例会での行事で会員間の親睦がより一層、深まっていくと思います。ロータリークラブの入会当初、お酒が全く飲めなかったのに、少しづつ飲めるようになり、今では大酒のみになった人を知っています。又、ある人は、意外にも芸達者である事と言う事を知ってみたりと、いつもと違った雰囲気の例会になると思います。一年間、お疲れ様でした。
 新年度に向けて、永井年度に向けて大いに英気を養いましょう。

2017/06/20

会長報告:今年次第46回 通算1324回例会

一年を振り返って
 一年を振り返ってと言う事で今年次にあった出来事などお話していきたいと思います。
先輩方には「一年間は早いよ」とはお聞きしていましたが、本当にあっという間の一年でした。会員の皆さんのお力をお借りして、何とか、一年、会長と言うお役を務めさせて頂きました。最初の例会の始まり、「今年次第一回、通算第1279回の例会を開催します。」の発声が大変でありました。声が上ずってしまい、もちろん手も震えていました。頭の中は真っ白け。それと会長挨拶、今でも大変苦手ですが、第一例会の時は初めての例会と言う事で、何を言っていいのやら。それと、次に待っているのが会長方針の発表。これは最初のアッセンブリーでお話しなければいけないので、随分前から練習しました。文章を作ったり直したり、時間が短い為、もう一度作り直したりと、悪戦苦闘した事を覚えています。そんなこんなで休みの日を過ごした事もありました。そんな事で例会を終えた後なのですが、一般的に見られる脱力感を味わっている間はありません。ほっとしている間はありません。次に控えているのは5分の時間を空けて第一回目の理事会でした。本当に例会初日はくたびれました様に思えます。三河弁で申し上げると「くたびれ呆けた」。
 思い起こせば随分、色んな出来事がありました。心配の種は尽きません。恒例のビアガーデンでの納涼例会、外で行われるため、雨が降らないか心配していましたが、心配が現実になってしまいました。雨が降ってしまいました。一階のルポーで納涼例会を行ったのは初めてではないでしょうか。この時、親睦委員会の皆さんが機転を利かせて楽しい例会を開いていただいたのを覚えています。引き続き、台風の襲来で例会を一回休みました。これで、次に行われる一泊例会が雨であったらどうなる事かとひやひやしたものです。自分か板倉幹事が雨男であると、噂が立ってしまわないだろうか。皆さん冗談でおっしゃる事がとても心に響きます。幸いなことに九州への一泊例会は良い天気になりまして、辻村さん、親睦委員会の皆さんのお蔭をもちまして、たいへん楽しく行くことが出来ました。有難うございました。呼子のイカのおいしかった事、鳥鍋、焼きカレーのおいしかった事。呼子のイカについてはもう一度個人でも行ってみたいと思います。また、一泊例会から帰ってきて数日後には博多駅前が陥没したことなど、大変記憶には残る事でした。我々もあの陥没した当たりを歩いたはずです。夜ね。我々の体重で陥没したとも思えません。
 次に、青少年奉仕の皆さんのご尽力のおかげで「理科のおもしろ実験教室」それが2回、それと「サイエンス賞」、アクトとの合同例会、ライラセミナー。社会奉仕委員会の皆さんによる、「環境教育賞」それと「岡崎大門交通安全RCC」、どれをとっても活動自体が大変意義があったと思います。私個人としても活動自体十分に楽しめました。ご参加くださいました会員の皆さんも、十分楽しめたのではないかと思いますがいかがでしょう。RCC活動につきましては、愛知県警察より、表彰を受けるというおまけまでつきました。こう言う対外的に行う活動につきまして、各新聞社の皆さんには幾度となく取材していただき、又、新聞にも掲載していただきました。各委員会の皆さん、新聞社へのご連絡有難うございました。加えて、そこで感じましたのは、田中暉登さんの新聞社に対する力関係。相当なものだと思いました。田中さん、今後とも宜しくお願い致します。弁護士会館での職場例会も良かったですね。ここも一般の人ではとてもお邪魔できる処ではなく、中根常彦さん、職業奉仕の皆さんのご尽力によって実現出来ました。お世話になりました。今年次は新しいお仲間がお二人入っていただきました。倉田長秀さん、柴田和幸さんのお二人です。ロータリー情報、会員選考、並びに会員増強の皆さんのご協力の賜物と感謝しております。中々、この時期に新会員さんが入ってくるのは、難しい状況の中でお二人入っていただいたことは誠に有難いことです。又、ご紹介をして頂いた会員さんには御礼申し上げます。
 毎回の例会において、年40数回の例会において、卓話のご手配等、毎回ご苦労をお掛けしました、プログラム委員会の皆さん、出席会場の皆さん、広報雑誌、それと、毎回例会を和ませていただきましたニコボックスの皆さん大変お世話になりました。また、次年度、永井年度の時、ご担当の皆さん、例会が盛り上がるか、お通夜になるかは、司会の方、ニコの発表の方次第ではないでしょうか。来年ご担当の方、活躍をお祈り申し上げます。
 国際奉仕委員会として、前年度より、米山奨学生の受け入れをしましたね。かわいい子でした。近藤憲康さん、京幸一さん良かったですね。又、当クラブを2760地区内において、当岡崎城南ロータリークラブを一躍有名にしました、ミャンマーへの学生支援活動。今回は例年2月に支援活動として訪問をしていますが、今回は5月に訪問しました。私も久しぶりに参加させて頂きました。3年ぶりです。暑かったですが、我慢できないほどでは無く、訪問前に京 幸一さんが雨を降らしておいてくれたおかげで、日本の夏と変わらない様に思いました。マンゴーが美味しかった。マンゴーの実り方は、日本における柿のようです。以前のミャンマー訪問、2月は、行きは寒いー現地は熱いー帰ってきて寒い のパターンでしたが、今回は 普通の気温ー熱いー普通の気温 でしたので、個人的には楽でした。気温の変化があまりきつくなく、どちらかと言うと高齢者向き。
 会津若松城南ロータリークラブの皆様がお見えになりました。東日本被災支援のお礼と言う事で会長さんをはじめ10名の方が、4月25日にメークアップにお見えになりました。周年では無いのに訪問していただける。大変喜ばしい事だと思います。益々両クラブの関係が親密になっていくことでしょう。中山交流委員長さんには今年度は交流関係は何もありませんから、とお願いした手前、裏切ったことになってしまいましたが。
 理事会において。理事・役員の皆様にはいろんな課題について、ご意見、ご指導、ご審議いただきまして、有難うございました。特に今年次は3年に1回行われる、規定審議会による定款等の変更、
特に今回は大幅な変更がありましたのでご苦労をお掛けしました。
 以上、色々と良い思い出をお話しさせていただきましたが、曲がりなりにもここまでやってこられたのもひとえに「我がよき友」板倉正直幹事がいたからに他ありません。彼の実行力と誠実さ、人当たりの良さ、人付き合いの良さ、何をとっても申し分ないと思います。議員さんに立候補したら当選してしまうのではと思います。本当に感謝しています。又、事務局の名倉さん、岡崎城南ロータリークラブのブレインそのものです。大変頼りになりました。いろんな細かいところに気を配っていただきました。お体に気を付けてこれからもよろしくお願いします。11日後には永井会長と入れ替わります。是非、相変わらずいろんなことに対して助けて頂くようお願いします。
 長々とお話しさせて頂きました。大変ふつつかな人間でしたが、1年間お付き合いいただきまして有難うございました。これからも、一会員として、引き続きお付き合いをおねがいして、今年次最後の長い挨拶とさせていただきます。
 ご清聴ありがとうございました。

*その他の出来事
 岡崎4RCの幹事クラブを仰せつかりました。
 小島哲夫ガバナー補佐訪問が有りました。
 服部良男ガバナー訪問を南クラブさんと合同開催しました。
 RAC-リレーフォーライフ(服部ガバナーの会社の運動場で雨が
 降って歩きづらかったです。)
 永野彦麿さんのご逝去。
 ライオンズクラブの会長幹事がロータリーの卓話にお越しいただ
 きました。

2017/06/13

会長報告:今年次第45回 通算1323回例会

 今日は本当にお久しぶりに小林通利さんの御顔を拝見する事が出来ました。お話をさせていただくとしっかりしてお見えでしたので安心しました。これからもご無理のない様に例会へご出席ください。
 さて、本日の卓話は各委員長さんの一年を振り返って、と言う事なのですが、私ども会長、幹事にとっては大変お世話になりました。時間の都合で大委員長さんに、お話していただきます。本来、全ての委員長さん、並びに委員会の皆さん一年を振り返って頂けるとよろしいのですが、そうもいきません。有難うございました。まだ、今年次もう少しありますがよろしくお願いをいたしましてご挨拶とさせていただきます。

2017/06/06

会長報告:今年次第44回 通算1322回例会

 この時期になりますと、ロータリー関係で、お呼びの掛ることはあまりありません。だんだんと少なくなってきております。有難いことです。先週の例会から今日まで個人ではロータリーの行事は一つも有りませんでした。永井エレクトは大変だと思いますが。
 そこで、今日は趣味の釣りのお話しをさせて頂こうと思います。池、川、海と様々なフィールドがあるわけですが、海しかやりません。ゲームとして釣りをされる方も多いかと思いますが、やはり、新鮮なお魚を自分で釣っていただく。これに尽きると思います。池のお魚はまず食べませんね。川のお魚は鮎釣りであれば、鮎だけです。渓流釣りであればアマゴ、イワナ等々ですかね。種類が限られてしまいます。その点海釣りは範囲が広いのです。又、何が釣れるかわからない時があります。これがとても宜しいですね。思わぬ大物がかかるときもありますし、歓迎しない外道がかかるときもあります。外道の代表はサメです。近海でも結構います。エイ、これも困ります。あとは、タコ。これは嬉しいお客さんです。ただし、油断をしていますとにげていきます。
 狙い物は、イサキ、メバル、イカ、太刀魚など決まっていますが、それ以外に先ほど申し上げました、別物が釣れる場合がありますので、姿を見るまでワクワクがたまりません。
 機会がありましたら、是非ご一緒させてください。
 今日はこの辺で失礼します。