2017/10/31

会長報告:今年次第16回 通算第1341回例会

 皆さん こんばんは。近藤保則会長エレクトお元気で帰国されました。お疲れ様でした。
 今日は4点ばかりお話をします。
まず1点目、2週間前10月17日は地区 神野重行ガバナーの公式訪問として、岡崎南ロータリークラブと岡崎城南ロータリークラブとの合同例会でした。多くの会員の皆さんご出席をいただき有難うございました。ガバナーからは、「会員増強」と「奉仕活動」について話がありました。ブランディング、や会員増強の方法等いろいろとご指導をいただきましたので、参考にしたいと思います。
次に2点目ですが、
過日10月21日(土)、22日(日)は一泊例会で京都に行きました。多くの会員の皆様に参加いただき、ご協力をいただきましたこと感謝申し上げます。また、わざわざ例会のために京都まできていただきました桐淵さん、九鬼さん、足立さん、小木曽さん、星野さん、ありがとうございました。会長の心掛けが悪いのか、あいにく台風の影響もあって両日とも雨で申し訳なく思いましたが、近江牛の昼食、平等院、三十三間堂、楽しい例会と翌日の雨の京都散策、私は倉田さん、岩崎さん、天野さん、鈴木美能治さん、中根さんと一緒に清水寺、2年坂、3年坂、高台寺と楽しい思い出となりました。外国人の多さにはびっくりしました。無事にスケジュールどおり帰ることができ、企画、お世話をしていただいた堤親睦委員長、辻村さんにこの場を借りて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
三点目は、
岡崎南クラブの奉仕事業の報告です。さる平成29年10月27日 ガバナーも出席され、  
ノーベル賞受賞(医学生理学賞:オートファジー)された、自然科学研究機構基礎生物研究所  
大隅良典先生への、 南RCの名誉会員の任命と石製モニュメントと大隅文庫(180冊科学関連
図書を贈呈式がありました。
4点目は、
本日の例会卓話について、米山記念奨学委員会から名古屋中7RC所属 荒川雅義さまから卓話を頂きます。国際奉仕として、外国人留学生に対する奨学事業として実施されていますが、グローバル化という社会の変化を考えると、日本人留学生に対する支援、また教育の無償化を考えると日本人学生への奨学事業にも目を向けてほしいと考えています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

以上で報告とあいさつを終わります。

2017/10/17

会長報告:今年次第14回 通算第1339回例会

 皆さん こんばんは。
 本日は、国際ロータリー第2760地区 ガバナーの公式訪問として、岡崎南ロータリークラブと岡崎城南ロータリークラブが合同で例会を開催いたします。
今回の合同例会は、岡崎城南ロータリークラブが輪番でホスト役ということであり、私、岡崎城南ロータリークラブ会長の永井量基(ながい りょうき)と申しますが、僭越ですが、会長挨拶をさせていただきます。
改めまして、神野重行 ガバナー、加藤定伸 地区幹事、また、神保 誠(じんぽ まこと)地区スタッフ、柴田芳孝 ガバナー補佐、お忙しい中 ようこそお越しいただき有難うございます。
日頃は、各クラブの運営に対してご理解とご支援を賜りこの場を借りて厚くお礼申し上げます。
また、先ほどの会長・幹事懇談会では、いろいろとご指導を賜り重ねてお礼申し上げます。今後のクラブ運営に生かしていきたいと思います。

ご承知のように、岡崎南クラブと岡崎城南クラブは親子の関係であり切っても切れない縁でございます。岡崎南クラブは1964年創立、その25周年記念事業で岡崎城南クラブが誕生いたしました。井戸を掘られた中村繁男特別代表、岡崎南クラブ25周年会長早川弘三様をはじめ諸先輩方に敬意を表し、我々がいまこの場にいることに感謝申し上げます。諸先輩たちが築いてこられた このロータリークラブを引き継いでいくことが私たちの使命です。それぞれのクラブの会員の皆様におかれましても年1回の合同例会にこうして顔を合わせることができますことお礼申し上げます。

さて、RI会長の「奉仕を通じて変化をもたらす」、神野(かみの)ガバナーの「奉仕を通じてロータリーを楽しもう」という方針のなかで、クラブ戦略委員会の設置、会員増強、社会貢献について議論がなされ、また、公共イメージの向上とともに、クラブの魅力づくり、ブランディングが論点となっています。組織の維持継続が最重要課題であることが理解できます。
私が携わっている大学教育でも、少子高齢化、グローバル化、IT化という社会の変化に対応した人材養成の在り方が問われ、いま大学は教育の質保証、アセスメント、地域社会への貢献に対して大きな改革を進めています。そして、生き残りのためにやはり大学の特色、ブランディングが重要であると言われています。ロータリークラブの論点は大学運営の良い参考となっています。 


ブランディングを共有するために、毎年会長が変わることは、つなげていく良いシステムだと思います。神野(かみの)ガバナーの方針である「奉仕を通じてロータリー活動に楽しみを見出す」ことを念頭に、楽しい例会とともに、クラブの活性化に努めていきたいと考えています。

最後に、神野ガバナー、加藤地区幹事、神保地区スタッフに改めて感謝の意を表し、本日のガバナー公式訪問が各ロータリークラブを振り返る良い機会となり、両クラブがますます発展するよう祈念いたしまして会長あいさつといたします。
本日はどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017/10/03

会長報告:今年次第13回 通算第1338回例会

(1)本日の卓話者・ゲスト・来訪ロータリアンの紹介
 ・卓話者の紹介をします。
  本日の卓話は、会員卓話
  鈴木 豊さま
  「写真で見るミャンマー」と題して卓話をいただきます。すばらしい風景写真を期待します。
     よろしくお願い申し上げます。 
・来訪ロータリアンの紹介
 岡崎ロータリークラブ 杉浦 健太郎様
 岡崎ロータリークラブ 林 和夫様
 お忙しいところようこそお越しくださいまして有難うございます。例会のひと時をゆっくりお過ごし下さい。

引き続き、会長報告及びあいさつをいたします。
 まず、お知らせしたいことがあります。
来る10月17日(火)は 神野重行 ガバナー公式訪問です。出席につきまして皆様のご協力をお願い申し上げます。また、来週10日は例会は休みですのでお間違いの無いようにしてください。続いて、10月21日~22日 一泊例会(京都)です。 楽しみにしています。 10月24日例会はありません。
  さて、先週9月26日例会は、柴田ガバナー補佐の訪問でありました。その中で3つほど大事なことを皆様に報告したいと思います。
一つ目は、会員増強、退会防止に取り組んでいる事は何かと問われて、会員増強委員会が中心となり、一人につき一人を紹介すること、城南ロータリーの良さをPR、特色は夜間例会、ブランディングを構築すること。また、開かれた城南RCにすることですと回答いたしました。
二つ目は、本クラブのマイロータリーの加入率が33%なので50%以上に増やしてくださいとの要請に努力することを回答しました。
三つ目は、戦略委員会においてクラブ戦略の考え、多様性への対応、活性化特色化をどう進めるかと問われ、いま戦略委員会を開いて検討していますと回答いたしました。以上3つの課題について進めていきたいと思います。皆様のご理解とご協力をお願いして報告を終わります。

以上です。