2014/07/01

今年次第1回 通算第1188回例会

 まさに今日、7月1日から新しい年度が始まりました。
昨日まで、岡崎城南ロータリークラブ丸の船長、航海士を務めていただいた中根前会長と磯部前幹事の献身的なご尽力に心より感謝申し上げます。前年度は本当に忙しい1年でした。一丸となって25周年記念事業を始めとする様々な活動に取り組んで下さり、多大な成果を収めていただいたすべての会員の皆様に対し、心より敬意を表したいと思います。
 最終例会、第一例会と申しましても、1週間の間に特別の仕切りがあるわけでなく、まさに車輪が回るように、切れ目なくロータリーは続いていきます。1年間を一つの区切りとして役員、理事、委員長がすっかり入れ替わるシステムは、継続と生まれ変わりを見事に調和させた先人の知恵なのかも知れません。
 さて、私の最初の重要な任務は、言うまでもなく今年度の会長方針を皆様にお伝えすることです。これにつきましては、別に時間を取っていただいておりますので、そちらに譲りたいと思います。
 本日、岡崎市民会館で行われた岡崎市制施行98周年記念式に当クラブを代表して出席してまいりました。後方の席で式典を眺めていただけですが、とにかく、クラブ会長としての最初の公式行事ということになりました。実は、過去にこの式典に出席した記憶がありません。会長にならなければ、この先もずっと知らずに過ごしていったことと思います。否応なしの面もありますが、これから幾度かこうした新しい経験をさせていただけるかと思うと、少しだけワクワクもいたします。
 どうか、今夜が楽しい例会になりますよう。ありがとうございました。