2018/12/11

会長報告:今年次第21回 通算第1392回例会

12月5日 15:00より 大門RCCの交通安全啓蒙活動に参加して来ました。当クラブより12名の参加を頂き誠にありがとうございました。松永社会奉仕委員長、並びに中根裕幸RCC・共同奉仕委員長には、準備から当日に至るまで、ご足労をお掛け致しました。厚くお礼申し上げます。この活動も、はや7年目を迎えましたが、私は、今回初めて参加させて頂きました。

大門駅広場にて、岡崎警察署の警察官、交通安全指導員、大門学区社教委員、大門小学校児童・先生・PTA、岡崎城南ロータリークラブ会員等の皆様が集合し、出発式が行われました。その後、県道26号環状線に移動し、東行き3車線のうち、2車線を通行止めにして、1車線を通行するようにさせて、信号の変わり目を上手に使い、車が止まった時点で、交通安全メッセージが添えられた交通安全しめ縄を、交通事故防止を呼び掛けながら児童が車の運転手さんに手渡して行き、全員が配り終えた時点で終了となりました。

交通安全しめ縄を配り終えた児童達は、達成感に満ちた顔をしていました。又、しめ縄を受け取った運転手さん達も、児童に笑顔でお礼を言っていました。心通じる事業だと実感致しました。
まだ参加経験の無い会員の皆様には、是非一度参加して頂けると幸いです。新たな感動を得る事と思います。