2016/07/01

クラブ奉仕委員会今年度方針  委員長 鈴木 豊

今年度方針(委員長所信)
 会長の方針でもあります例会を楽しくを信条とし親睦活動・プログラム・出席 会場・広報雑誌会報・ニコボックスの各委員会と連携し、疎通を図り意義のある例会を作っていきたい。

具体的計画
 クラブ奉仕委員会の全体委員会を開催し、各委員会からの議案を取り上げ検
討し円滑な運営ができる様協力していきます。

2014/07/01

クラブ奉仕委員会(委員長 近 藤 保 則)


今年度、会長方針として、会員一人ひとりが年度に一度は、キラキラと輝けるような、楽し
い例会を工夫してほしいと、例会に対する思いを掲げられました。当クラブの伝統や、基本的
な物事より逸脱せず、手法に変化を加え、楽しく、品良く、会員が輝けるような例会作りが出
来れば良いと思います。
その為には、クラブ奉仕委員会に所属する各委員会の連携、協力が不可欠です。各の委員会 の事業が円滑に遂行できるよう、支援と調整をしたいと思います。

具体的計画
・クラブ奉仕委員会の全体委員会を、年2回開催し、委員の親睦並びに、意志の疎通を計ります。 ・所属する各委員会の年度方針を十分理解し、サポートします。

2012/07/10

クラブ奉仕委員会2012-2013方針

委員長 青山 幸市

今年度方針(委員長所信)
「ロータリアン一人ひとり、自分自身が平和であると感じられるようにする」(会長方針)のために、クラブ奉仕の事業に責任を持ち、クラブ奉仕委員会の分野に設置された委員会を、激励・支持するとともに、委員長がリーダーシップを十分に発揮してそれぞれの目標を達成することができるよう、各委員長とクラブ理事会ならびに委員長相互の意思疎通を図ります。

具体的計画
①会長がロータリアンとしての最低のルールを遵守するよう、何らかのシステム
 を作ります。
②理事会の場を活用して各委員会の事業への取り組み状況を確認し、委員会
 間にまたがる課題を調整しつつ、事業の着実な進捗を促し支援します。