2016/07/01

ロータリー財団委員会今年度方針 委員長 小木曽 宏光

今年度方針(委員長所信)
 2016-2017年度国際ロータリーのテーマは、「人類に奉仕するロータリー」を挙げています。それはポール・ハリスのいう「人生の最大の目的は人類に奉仕すること」からきています。それを踏まえロータリー財団の使命とは何か、目的は 何かを会員の皆様と一緒に勉強し、行動を起こしていきたい。

具体的計画
1. 年次プログラム基金へ寄付金の協力要請。今年は、財団設立100周年により 一人180ドルの寄付を依頼します。
2. ロータリー財団創立100周年を踏まえ、地区ロータリー財団委員による卓 話を依頼します。

2014/07/01

ロータリー財団委員会(委員長 永 井 量 基)

今年度方針(委員長所信)
 RIテーマ「ロータリーに輝きを」を実践すべく、ロータリー財団をもっと理解し、奉仕の理 想の実現のために活動を展開します。財団への寄付は、奉仕活動の源泉です。ロータリー財団へ の寄付やロータリー財団の資金活用を行うことがロータリーに輝きを与えることだと考えます。
未来の夢計画の目標である「ロータリアンが、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高
め貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」を念頭
に活動していきます。そして、寄付金の目標、補助金の利用方法等ロータリー財団について理
解啓蒙活動を行って寄付を呼び掛けたいと思います。

具体的計画
1.地区研修・協議会にて示された目標に近づける計画を実践します。 年次基金として一人当たり 150 ドルの寄付を会員に協力依頼を行う。 ポリオプラス基金に協力(各クラブ 15,000 ドル目標) 恒久基金 1クラブ 1人のベネファクター
2.ロータリー財団について理解を頂くために卓話を行う
3.地区補助金を利用した小学校理科実験教室の実施