2016/07/01

今年度方針ロータリー情報・研修委員会 委員長 小山章仁

今年度方針(委員長所信)
1 .ポール・パーシー・ハリスの“生い立ち”について紹介したいと考えています。 このことが、ロータリーの理念・歴史などを理解するのに役立つと思います。
2 .ロータリーの“四つのテスト”について再考したいと思います。

具体的計画
1 .例会時の卓話の時間をいただき、ポール・ハリスの生誕からロータリークラ ブの発足時のことを考えてみます。
2 .“THE FOUR-WAY TEST”を読み、その解釈を考えてみましょう。

2015/07/01

ロータリー情報・研修委員会 (委員長 牧野正高)

今年度方針(委員長所信)
ロータリーの理念や歴史および現状と問題点などを理解することは、豊かなロータリーライフにつながります。
当委員会は、ロータリーに関する知識を深めるための研修を企画実施します。その際には、研修は教育ではなく情報の共有であるとの考え方に基づき、会員に関心をもってもらえるようなテーマに取り上げるよう努めます。

具体的計画
 例会時に年2回程度RLI方式による研修会を開催します。そのうち1回は、地区研修委員会の協力を得て行います。
 ロータリー歴の浅い会員を対象とした懇談会を開催します。

2014/07/01

ロータリー情報・研修委員会(委員長 中 根 常 彦)

今年度方針(委員長所信)
①ロータリーの理念や歴史あるいは現在の諸活動並びに問題点などを知ることは、我々の ロータリー活動を有意義にすることに不可欠であり、そのために情報を伝達し、あるいは 研修をコーディネイトすることが当委員会の役割です。その手法としては、RLI方式で の研修が取り入れられるようになりましたので、今年度も、例会時において、RLI方式 の研修を行いたいと思います。
②又、新入会員のみを対象とした懇談会を開催し、基礎的なロータリー情報の共有を図り たいと思います。

具体的計画
①例会時において、2回程RLI方式による研修会を開催する。
② 新入会員を対象とした懇談会を1~2回程度開催する。

2013/10/02

新会員研修会「ロータリーを学び、ロータリーを知ろう」

2013年10月1日

直前会長、ロータリー情報・研修委員長  近藤憲康

 R情報・研修委員会では、今年度第2回目の活動として、平成25年10月1日の例会の卓話の時間をいただき、「ロータリーを学び、ロータリーを知ろう」というタイトルで、新会員研修会を開催しました。
 講師は、地区に出向されていて、その活躍が目覚ましい岡田吉生会員にお願いしました。岡田氏はディスカッションョン・リーダー(D・L)の資格を持ち地区のあらゆる研修会で活躍しておられますが、今回、委員長のたっての希望を聞き入れてくださり、例会での講師を務めていただきました。

IMG_10.1-1.jpg

 3年未満の新会員10名余りをテーブルの前に着席していただき、RLI方式を取り入れた短い時間での研修でしたが、岡田D・Lの小気味よいリーダーシップの下で、新会員のメンバーのそれぞれの声が会員全員に届いた大変良い例会でした。

IMG_7868.JPG

IMG_7869.JPG

 次回は11月5日(火)、RACとの合同例会で、RAC会員の研修を予定しています。


2013/04/18

「新会員の為の研修会」 ロータリーのルールとマナー ―世界121万人のロータリアンが遵守するもの―

2013年4月16日

直前会長、ロータリー情報・研修委員長  桐渕利次

 この度、“ 直前会長として「新会員の為の研修会」という主題の会員卓話 ”
の機会が与えられました。昨年秋にクラブのロータリー情報・研修委員会は、新会員研修会行い、その要旨をホームページ(以下HP)上に報告しています。
 本日はこの研修会を発展させ、ロータリー情報・研修委員長としての立場からも、これらルールとマナーを作り上げたロータリーの歴史、これらを集約した手続要覧とロータリー章典、ロータリーの目的、職業奉仕、二つの公式モットーと四つのテスト、国際ロータリー(以下RI)の戦略計画、ロータリーバッジと服装のTPO、クラブ例会・会計・広報の重要性、ロータリー・リーダーシップ研究会(以下RLI)におけるディスカッション・リーダーの資質、Eクラブでのメークアップなどについて、述べました。
 ロータリーが最も優れているものの一つに、過去の記録の管理・保存があります。例え長いブランクがあっても会員の所属年数・寄付額は合算されます。
ロータリーには変えるべきものと変えてはならないものがあります。クラブの歴史・各年度が残した諸記録はかけがえのない貴重なものであり、クラブ担当者には大切に管理・保存する責任があります。
 以前週報では、卓話は録音された上で正確に記録されました。現在週報に代わるHPの役割は重要です。広報は主観を控え、客観的に正確な報告を行うことが、真の高い評価に繋がります。HPはクラブの公式な記録として、クラブ会員のみならず、地区ガバナーや他クラブにも発信するものであり、担当者にはその自覚と責任が求められます。
 新会員のみならず広く会員の皆様にも「ロータリーのルールとマナー」をご確認いただき、伴に良きロータリアンをめざしたいと思います。
卓話内容は以下のURLでご覧下さい。
http://youtu.be/k6GpGgq7otY

IMG_4.16-6.jpg

IMG_7194-1.JPG

卓話内容の詳細はこちらです。ファイルをダウンロード

2012/12/01

新会員研修会「ロータリーのルールとマナー」の報告

2012年11月22日

新会員研修会「ロータリーのルールとマナー」が開催されました。桐渕ロータリー情報・研修委員長から「ロータリーのルールとマナー」について講義があり、その後会食し、二次会までもりあがりました。

DSC01849%20-%201.JPG

DSC01847%20-%201.JPG


講義の詳細な内容はこちらです。新会員のみならずベテランの会員にも有意義な内容です。今後入会される方にも大変参考になります。

新会員研修会「ロータリーのルールとマナー」の報告
                       平成24年11月27日(火)
2012-13年度 岡崎城南RCロータリー情報・研修委員会
委員長 桐渕利次、長野哲也、岡田吉生
出席者;計16名
Ⅰ)新会員
3年目;板倉正直
2年目;京幸一、近藤友一朗、堤英明、星野雄一、眞野裕司、(欠席永谷和之)
1年目;稲吉稔彦、辻村繁仁
Ⅱ)特別出席者;会長 近藤憲康、会長エレクト中根常彦、新会員推薦者 犬塚浩
  (二次会出席者;新会員推薦者 小野智範、太田政信)                 
Ⅲ)主催者;R情報・研修委員会 委員長 桐渕利次、長野哲也、岡田吉生
日時;平成24年11月22日(木) 
会場;一次会 「萬珍軒本店」18時30分~20時30分、二次会 「どーら」
 「ロータリーを楽しむ」ためにはロータリーを知ることが第一です。
ロータリーは刻々進化しており、従来の「ロータリーの綱領」は、RIにより、日本語訳の最終承認がなされ、「ロータリーの目的」に変更されました。
「ロータリーの目的は、奉仕を奨励し、育むこと」
具体的には①知り合いを広め        (クラブ奉仕)
②職業上の高い倫理基準を保ち  (職業奉仕)
③奉仕を実践し         (社会奉仕・新世代奉仕)
④世界理解・親善・平和の推進を行う(国際奉仕)
以上、五大奉仕に基づく4項目を同等、同時に行うように奨励しています。
 このロータリーの奉仕理念を育むのは例会です。ロータリアンは、各職業の代表として例会に出席することが許されています。このチャンスを逃した会員は、メークアップにより他クラブの例会に出席することができます。
例会に出席し、卓話を聞き、互いに切磋琢磨し、親睦が奉仕の心を育てます。
一般にロータリーの年会費はクラブ運営に使われ、奉仕活動には使われません。ロータリーの目的である奉仕を支えるものは、ニコボックス、米山記念奨学会、ロータリー財団という自発的な善意の寄付であり、これらの二頭立ての馬車に例えられる会計制度がロータリーの特徴でもあります。
ロータリーの奉仕活動は、会員の意志に基づく“I serve”が基本となります。
会費を払い、例会に出席するのみならず、例会を通して奉仕の心を育むことで自発的な寄付を行い、奉仕活動に自ら参加しようとする志を築くことこそが、ロータリアンの道であろうと考えます。

<ロータリーのルールとマナー>
世界121万人の会員が107年間(創立1905年、明治38年)遵守するルール
1)ロータリアンの三大義務、他;
①会費納入
②出席;身分の終結(4連続欠席、50%出席、ホーム30%出席)
③雑誌「ロータリーの友」の購読
その他;RI並びにRCの定款・細則を遵守する、新会員を推薦する、
入会3年未満の会員は地区大会・地区協議会・IMに出席する
委員会活動やその他ロータリー・プログラムに参加する
2) 「四つのテスト」の実践 ; ハーバートJ・テイラー
① 真実かどうか  ②みんなに公平か  ③好意と友情を深めるか
④みんなのためになるかどうか      (ロータリーの倫理基準)
3) 「ロータリーの2つの公式標語」を座右の銘とする
① 「超我の奉仕」“Service above self”;B.フランクリン・コリンズ
② 「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」
“He profits most who serves best”;アーサー・フレデリック・シェルドン
 He・They(2004年)・He/She(2007年)・One(2010年)改訂
4) その他の標語の実践
・「入りて学び、出でて奉仕せよ」Enter to learn,go forth to serve”
                (S.ケンドリッック・ガーンジーS.)
・「ロータリーにノーはない」“To do your part when called upon”
(ガイ・ガンディカー)
ロータリーは単年制、頼まれたら全力でその年度の役割を果たす
5)マナー
・服装にもTPOがあり、地区大会ではRI会長代理他、ガバナー、ガバナー補佐、卓話者、ビジターなどに不快感を与えない彼らと同等の服装を基準とする
・ロータリーバッジを付ける
・時間を守る、期日を守る、出欠の返事やアンケートには迅速に応える
・例会欠席は、幹事事務所に連絡する、例会では私語を慎む。
・例会は最後まで出席する(よほどの理由の場合には、60%ルールあり)
・飲食は手弁当が原則、クラブ会費(浄財)に留意する
・どこで会ってもロータリアン同志は会釈し、親睦に努める
・やむなくマナーに反したときにはコメントを添え、ニコボックスへ協力する
6)資料;「年次計画書(予算)」「年次報告書(決算)」「岡崎城南RCクラブ要覧」
「ロータリー情報マニュアル」「ロータリーへようこそ」「わかりやすいロータリー」他

会員専用ページ

最近のコメント

城南フォト

  • 城南フォト1
  • 城南フォト2
  • 城南フォト3
  • 城南フォト4
  • 城南フォト5
  • 城南フォト6