2016/07/01

青少年奉仕委員会今年度方針 委員長 山本 剛司

今年度方針(委員長所信)
青少年奉仕活動は、より良い未来を築くために「青少年の健全育成」を目指すロータリーの重要なプログラムです。
当クラブの青少年奉仕委員会の中には「ローターアクト委員会」「RYLA委員 会」があり両委員会では委員会の名前にある通りの重要なプログラムを続けてきております。
当クラブの青少年奉仕委員会独自のプログラムとしては、「理科実験教室」と「岡崎城南RCサイエンス賞」があります。
これは「青少年の健全育成」を目指す上においても、また服部良男ガバナーが おっしゃっておられる「地域の人びとにもロータリーのブランドを知ってもら いましょう。」という意味合いにおいても、大変意義のあるプログラムだと思い ます。
 青少年奉仕委員会のメンバーの皆さんのお力をお借りして、この1年精一杯 頑張りたいと思っております。会員の皆様のご協力の程よろしくお願い申し上 げます。

具体的計画
1 . ローターアクトクラブの会員増強に力を入れる。 30才で卒業ということがあり「会員増強」が最大の課題です。
服部良男ガバナーは、常に社員とかご息女をローターアクトクラブに派遣 しておられます。「若い社員たちにとって若い内にリーダーシップを身につ ける最高の場であり、成長して帰ってきてくれます。」とおっしゃっておられ ます。
2. RYLAセミナーへの参加と応援 RYLAの特徴は、ロータリーに関係のないところからも青少年を集め、 14-30才の若い人々を対象にスキルと人格を養いながら、奉仕、高い道徳的 基準、平和と言ったロータリーの価値観と活動目標を学び、地域のリーダー を養成する機会を提供するものです。
3. 「理科実験教室」を、市内の小学校2校(予定)で開催します。
4 .「岡崎城南RCサイエンス賞」の表彰をします。
5 .「青少年交換プログラム」に備えて、ホストファミリー希望者のアンケートをとります。
6 . 青少年奉仕活動に関する卓話を依頼します。

会員専用ページ


最近のコメント

城南フォト

  • 城南フォト1
  • 城南フォト2
  • 城南フォト3
  • 城南フォト4
  • 城南フォト5
  • 城南フォト6