城南RC25周年記念誌

城南RC25周年記念誌 page 13/118

電子ブックを開く

このページは 城南RC25周年記念誌 の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
12 Memorial Event みなさま、こんにちは。ただいまご紹介いただきました、岡崎南ロータリークラブ会長の服部英男と申します。岡崎城南ロータリークラブ創立25周年をこころよりお祝い申し上げます。 岡崎城南ロー....

12 Memorial Event みなさま、こんにちは。ただいまご紹介いただきました、岡崎南ロータリークラブ会長の服部英男と申します。岡崎城南ロータリークラブ創立25周年をこころよりお祝い申し上げます。 岡崎城南ロータリークラブは岡崎市の人口が30万を突破したことと、豊橋に豊橋ゴールデンロータリークラブが創立されたこと等々に刺激され、岡崎南ロータリークラブ創立25周年記念事業として誕生されました。   当時の岡崎南ロータリークラブ第25代会長は故早川弘三会長で、調べてみますと、早川会長は貴クラブ誕生の折に次のように仰ってみえます。「ロータリーでいう職業、厳しいチェックのいる職業分類を考えるとき、幅広く多くの職業人が集まって初めて多くの分野にわたる職業奉仕が可能であり、また多くのロータリーメンバーによってその友情の輪はますます拡大していくのではないか。そして幅広い多くのメンバーの集積力の強さが今日の地域における、国内、世界におけるロータリー活動の大きな基盤になっているのではないか。30万都市岡崎に4番目のロータリークラブが当クラブの力で誕生することは岡崎における、あるいは分区、地区におけるロータリーの活力が高まり、それぞれの発展と飛躍につながって行き、素晴らしい25周年記念事業になるのではないか。」と言われました。まさに、早川会長の仰ったとおり、4番目のクラブとして岡崎、分区、地区でご活躍されそれぞれの発展と飛躍に寄与されてみえますことに対し厚く感謝申し上げます。 創立例会を平成元年3月7日に岡崎南ロータリークラブ第1246回例会と合同で開催され、同年11月7日に認証状伝達式を開催されました。 実は、私事で申し訳ありませんが、私の岡崎南ロータリークラブへの入会は昭和63年12月ですので、ほぼ、貴クラブの誕生の歴史とロータリークラブの歴史を同じくしております。入会早々、創立例会、認証状伝達式に、参加させていただき、チャーターナイトを経験させていただきロータリーを先輩に教えていただいた記憶がございます。 岡崎南ロータリークラブへの入会が少し遅れて、貴クラブへ入会させていただければ岡崎城南RCに入会してこのような席でお話することもなかったかもしれません。早いもので、それから25年が経過しこのように創立25周年記念例会にお招きいただき、お祝いできることも大変感慨が深いものがあり感謝申し上げます。 25年の間、貴クラブは、米山奨学生、青少年交換学生の受け入れ、WCS活動でのミャンマー教育支援活動、岡崎大門交通安全RCC活動、小学校での理科実験教室活動、と様々な奉仕活動を展開され、RIチェンジメーカー賞、ガバナー賞、ガナバー特別賞、RI会長賞等々を幾度も受賞され、地域に世界に奉仕されてこられたことに、親クラブを代表して感謝申し上げると共に、深く敬意を表します。 これを契機とされ、貴クラブがますますご発展されますとともに会員の皆様方のご健勝、ご活躍を心から祈念いたしまして、お祝いのことばといたします。おめでとうございます。来賓祝辞岡崎南ロータリークラブ会長服部 英男2014.3.4(火)H26.1.28「夢があるから強くなる」川渕三郎氏岡崎南RC50周年・岡崎城南RC25周年合同記念例会